読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラベルプラン

 ようやっと受験が終わったっていうのに解放感とかは別になくて、そりゃここ一ヶ月勉強してなかったから当たり前なんだけどなんとなく拍子抜けしている。

 思ったより簡単に終わったしあんなに思いつめなくてよかったなとか、結局またまじめに頑張らないままやり過ごしてしまったなとか、そういうことをぼんやり考えて、気分が沈むわけでもないんだけどなんとなく気力が削げてしまいなにもできず、でももう勉強しなくていいと思うと自責の念とかは浮かんでこなくて、受験がなければ一日むだにしてもいいと思っている自分がいやになったら今度は明確に気分が沈んできて、そうすると余計ハヌマーンが沁みて読書どころではなくなってしまうんだけど、ここまでだらだら書いてぼくは読書をすればとにかく一日がむだではなくなると無邪気に信じている自分の浅はかさと、あとやたら文章が長くなっていることに気付く。こういうやたら長い文章はちょっと前のチャンドラーとかハメットとかワーワー言いながら読んでたぼくからするとダサかったはずで、今でもそんなに文章の好みとかは変わってないはずなんだけど。保坂和志とか堀江敏幸とか読んでたから移ったんだろうか。単純に文章の区切りとかわりとどうでもいいなと気づきはじめたからかもしれない。

 

 ひさびさに夜更かしをして起きたら昼過ぎで、やる気もクソもなくて空っぽの胃袋ににコーヒーを流し込んで後悔して、小学生のときやってたゲームボーイアドバンスのゲームを引っぱり出してしょーもないミニゲームとかやったり色んな音楽をつけたり消したりしていたら夕方になってしまった。日が傾いて部屋はもうだいぶ薄暗いんだけど電気つけるのも面倒くさい。パソコンの液晶が眩しい。こういう時にハヌマーンとか昔から好きなバンドの音楽かけるとほんとうにだめで、一日を無駄にするだめな自分に陶酔してより一層だめになってしまうのでやめて、キーボードのぱちぱち鳴るのと窓の下にだらだら注がれる車のエンジン音だけを聴いている。どっちにしたって湿っぽい気分にしかならないんだけど、まあ多少はまともな考えごとができるようになる気もする。

 

 考えることが多すぎる。たくさんあって混線して全部滞っている。旅行とか引っ越しとか新生活の準備とか、具体的なことが生活のなかで動くのに触発されて自分について考えることも増殖してしまって、なんにもわからなくって混乱している。まあたぶん数日したらたいてい忘れるしなんなら今日寝たら治ってるようなタイプのやつっぽいかあらべつにいいんだけど、なんかあれだ、書いてるうちになに書いたらいいんだかわかんなくなってきた、夕方に投稿しようと思ってたのにぼやっとしてたら夜になってるし。

 

 そういえば今年最初の更新だった、去年はなんか2週間に一回とか1か月に一回とかわりとよく更新してたけどあれはほんとうになんであんなことしてたんだろう、言いたいこともなかったっぽいのに。やっぱり自分のことをもうちょっと考えなきゃいけないっぽい。とりあえず今日は早く寝ようと思う、明日登校日だし。なんか卒業式の予行かなんかで、そんで明後日が卒業式で、めんどくさいなあと思う。クラスメイトがびしょびしょ泣いてるのを数時間見つづけなければいけないのほんとうにめんどうくさい。高校クソ、キャンパスライフ楽しみ。寝ます